ネットなどで(に限りませんが)自由に書いたり読めたりする今の世の中、権利を侵害されたり侵害したりに気をつけないといけない必要性が高まってます。

 

知らず知らずのうちに他人の権利を侵さないように、また他人によってあなたの権利を侵された場合に適切に対処するために、事前にトラブルを防ぐために著作権についてのご相談も承っております。

**************************************

著作権について(大阪府行政書士会HPより)

著作物とは何ですか? 

著作権法で保護される「著作物」とは、「思想、感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」をいいます。「創作的に表現したもの」であるので、たとえば他人のアニメや俳句を単に書き写したもの等は含まれません。それらは複製物といい、著作物とは区別しています。そこで「思想、感情を創作的に表現したもの」であれば、たとえ子どもが書いた絵、作文、彫刻であっても、上手下手は関係なく著作物ということができます。

著作物を創作した著作者には著作権が発生します。著作権を保有する人に無断で著作物を利用することはできません。

 

学園祭で演劇や音楽の演奏を行なうときに、著作権の侵害になりますか?

演劇、演奏が非営利で行なわれ、観客から料金を受けず、演劇者、演奏者に報酬が支払われなければ著作権者の許諾はいりません。

 

ホームページや写真などの下に丸の中に(C)の表示と名前、年号がよく書いてありますがあれは何ですか?

「©」のマーク(俗称「マルシーマーク」)はCopyright(著作権)のことをいいます。たいていはその著作物の権利者と創作年が続けて書かれています。日本では特に書いていなくても著作権があることには何の変わりもありません。日本国内では、慣行として使用されています。(法的な表示義務はありません。) 

 

著作物を創作すると、文化庁に登録しなければ著作権を取得できないのですか?

著作物を創作した段階で著作者には著作権が自動的に付与されます。権利を取得するために登録する必要はありません。ただし、著作権登録制度は、その目的とは別の理由で設けられています。

 

ショッピングモールの管理運営をしていますが、正規に購入したCDを使って、モール内で音楽を流そうと思います。海賊版を使うものではないため、著作権者の許諾はいりませんね?

 

著作物の保護期間がきれていないときは著作権者の演奏権(財産権としての著作権の支分権のひとつ)との関係で許諾が必要です。著作権者とは作詞家・作曲家・編曲者及びそれらの人から権利の譲渡を受けた者をいいます。

なお、FM放送から録音し、適宜ピックアップしたものを録音媒体に固定して、それを店内で流すような場合には、著作者の複製権、実演家の録音権、レコード製作者の複製権、放送事業者の複製権との関係で権利処理が必要となります。

 

 

 【全文】「映画館の閉館は望んでいない」 JASRACが報道陣に語ったこと

 

☆坂本龍一、JASRACに苦言 「襟を正して透明性の確保を」