「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 

犬はよく噛んでいるように見えても、実際は破片になった骨を消化しきれていないそうだ。おやつに生えるカビも問題という。「骨」タイプのおやつ自体にも問題はありそうだが、そもそも「人々がペットのおやつに注意していないこと」が良くない。

ジャーキータイプのおやつがいい例だ。FDAによれば2015年に1000匹以上の犬が死亡し、6000匹以上が摂取後に病気になったという。当時FDAは、病気の原因を中国から持ち込まれたものだとしながらも、「飼い主は、ペット用おやつのメーカーが自社製品に使用した原料の原産国記載を義務付けられていないことを認識しておくべき」と飼い主に注意を促していた。

 

盲導犬代わり「つえ型ロボ」の実証実験…5年後の実用化目指す

・犬“殺処分ゼロ”を掲げるNPO、保護犬に不妊・去勢手術せず 

 

広島県とピースワンコジャパン。どっちが不妊去勢手術するの??

 

「週刊新潮」掲載のピースワンコ・ジャパンの記事について

 

種差別(しゅさべつ、英語: speciesism)とは、ヒト以外の生物に対する差別である。「性差別」 (sexism) や「人種差別」 (racism) などにならって作られた用語であるが、ヒトのみを特権づけ他の生物をないがしろにする差別(人間中心主義)は不当だとする、ピーター・シンガーら動物の権利(アニマルライツ)の唱道者らによって主に使用される

 

飼い主の不安やストレスは犬に影響を与える 

 

いま国や行政が考えるべきは、ペットショップや繁殖業者への規制を強めて、犬や猫たちを世の中にあふれかえさせている「蛇口」を閉めることではないでしょうか。

増える飼育放棄 行政の「殺処分ゼロ」で愛護団体にしわよせ

 

飼育数増を目指すのでなく「ペットが長生きできる取り組みを」

「犬猫等販売業者定期報告届出書」を集計し、犬猫の流通量を算出した。届出書は、13年9月に施行された改正動物愛護法で、繁殖業者やペットショップに毎年度の提出を義務付けたもの。販売したり不要になって譲渡したりして、国内に流通させた犬猫の数などを報告する必要がある。「販売や繁殖に使われる犬猫が適正に取り扱われているかどうか把握するため」(環境省)に導入された。

 

 

 ・保護動物以外の販売は禁止! カリフォルニア州がペットショップに規制

 

「子犬のような目」で飼い主を操作? 研究

 

人の心をとろけさせる「子犬のような目」をするために眉毛を上げて目をより大きく見せるのが、最もよく使われる表情であることを研究チームは明らかにした。

 

 

犬猫の虐待を解明する「法獣医学」 米国は大学の課程に、捜査・裁判にも一役

 

犬への意識が高い国3選!世界で行われているワンコへの取り組み

 

犬のインフルエンザ

 

この動物はこう行動する、と決めつけないで向き合いたい。

 

小型犬が大型犬より長生きする理由 米ゲノム専門家が解説

 

環境エンリッチメント(英: environmental enrichment)は、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出し、異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫を指す。飼育動物の福祉を向上させるもっとも強力な手段の1つとされる

 

野良イヌは人間と暮らせるか~