IT重要事項説明 

 

賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明

 

実施マニュアル概要

 

宅地建物取引業法第35条第1項関係

宅地又は建物の貸借の代理又は媒介に係る重要事項の説明にITを活用する場合の取扱いについて宅地又は建物の貸借の代理又は媒介に係る重要事項の説明にテレビ会議等のITを活用するに当たっては、次に掲げるすべての事項を満たしている場合に限り、対面による重要事項の説明と同様に取り扱うこととする。

 

なお、宅地建物取引士は、ITを活用した重要事項の説明を開始した後、映像を視認できない又は音声を聞き取ることができない状況が生じた場合には、直ちに説明を中断し、当該状況が解消された後に説明を再開するものとする。

 

宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、図面等の書類及び説明の内容について十分に理解できる程度に映像を視認でき、かつ、双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、双方向でやりとりできる環境において実施していること。

宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者にあらかじめ送付していること。

重要事項の説明を受けようとする者が、重要事項説明書及び添付書類を確認しながら説明を受けることができる状態にあること並びに映像及び音声の状況について、宅地建物取引士が重要事項の説明を開始する前に確認していること。

 

宅地建物取引士が、宅地建物取引士証を提示し、重要事項の説明を受けようとする者が、当該宅地建物取引士証を画面上で視認できたことを確認していること。

*************************************************

要件

 次に掲げるすべての事項を満たしている場合に限ります。

 

① 宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、図面等の書類および説明の内容について十分 

 

 に理解できる程度に映像を視認でき、かつ、双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、

 

 双方向でやりとりできる環境において実施していること。

 

② 宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者

 

 にあらかじめ送付していること。

 

※PDFファイル等による電子メール等での送信は認められていません。

 

③ 重要事項の説明を受けようとする者が、重要事項説明書及び添付書類を確認しながら説明を受けることが

 

 できる状態にあること並びに映像及び音声の状況について、宅地建物取引士が重要事項の説明を開始する

 

 前に確認していること。

 

④宅地建物取引士が、宅地建物取引士証を提示し、重要事項の説明を受けようとする者が、宅地建物取引士証

 

 

 を画面上で視認できたことを氏名等を音読してもらい確認していること。

 

 

 

 

 

 

国土交通省は、「新たな住宅セーフティネット制度」におけるセーフティネット住宅の登録を行い易くするため、明日7月10日公布・施行の施行規則の改正等により、申請書の記載事項や添付書類等を大幅に削減し、セーフティネット住宅の更なる登録促進を図ります

 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律施行規則を改正して、申請書の記載事項や添付書類等を大幅に簡素化するとともに、セーフティネット住宅情報提供システムのうち登録申請に係る部分の改修を行いました

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅専用の検索・閲覧・申請サイト